レッスン72

不満を抱くことは、神の救済計画に対する攻撃です。

私たちは自我の救済計画がの救済計画とは正反対のものであることを認識しましたが、それがの計画に対する攻撃であり、それを破壊しようとする意図的な試みであることはまだ強調していません。その攻撃においては、実際には自我に関連している属性がに割り当てられる一方で、自我がの属性を呈するように見えます。

自我の根本的な願望は、と入れ替わることです。実のところ、自我はその願望を物理的に具現化したものです。それというのも、その願望がマインドを肉体で取り囲んでいるように見えていて、マインドを分離させて孤独にし、マインドを幽閉するために作り出された肉体を通してしか他のマインドに到達できないようにしています。コミュニケーションに対する制限がコミュニケーションを拡大するための最善の手段であるはずはありません。ただし、自我はあなたにそうであると信じさせたいのです。

肉体が課す制限を保持しようとする試みはここでは明瞭ですが、不満を抱くことがの救済計画に対する攻撃であるという理由はたぶんそれほど明白ではないでしょう。しかし、あなたが不満を抱きがちなものがどのようなものであるかをよく考えましょう。それらは常に肉体が行う何かと関連しているのではないでしょうか。誰かがあなたの気に入らないことを言います。誰かがあなたの気に入らないことをします。誰かが敵意のある考えを行動で「露呈」します。

あなたはここでその人物が何であるかについて言及していません。それどころか、あなたはその人が肉体の中で何をするかだけに関心を持っています。あなたは、その人を肉体という制限から解放することを助けることに失敗する以上のことをしています。あなたは、肉体をその人と混同し、それらが一つのものであると判断することによって、積極的に彼を肉体に縛り付けようとしています。ここでは、が攻撃されていますが、それというのも、神の子が肉体に過ぎないとすれば、も同様であるに違いないからです。創造物とまったく似ていない創造主というものは考えられません。

が肉体であるとすれば、の救済計画はどのようなものになるでしょうか。死以外の何になり得るでしょうか。が死ではなく生命の作者として自らを顕そうとすれば、は、偽りの約束をたくさんして、真理の代わりに幻想を提供する、嘘つきであり詐欺師になります。肉体の見かけ上の実在性は、についてのこの見解をきわめて説得力のあるものにします。実のところ、肉体が実在するのであれば、この結論から逃れるのは実に難しいでしょう。そして、あなたが抱く不満の一つひとつが、肉体は実在すると主張します。それはあなたの兄弟の在りようを完全に見落とします。それは、兄弟は肉体であるというあなたの信念を強化し、それを理由に彼を咎めます。そして、彼の救済は死でなければならないと主張し、この攻撃をに投影し、にその責任を押し付けます。

この念入りに準備された闘技場では、怒り狂った野獣が獲物を探しており、慈悲が入ることができませんが、そこには自我があなたを救うためにやってきます。はあなたを肉体として作り出しました。結構なことです。これを受け入れて喜ぶことにしましょう。肉体であるあなたは、肉体が差し出すものを奪われることのないようにしなければなりません。あなたの手に入るわずかなものを受け取ってください。はあなたに何も与えませんでした。肉体はあなたの唯一の救済者です。それは、の死であり、あなたの救済です。

これはあなたが見ている世界の普遍的な信念です。ある人たちは、肉体を憎んでおり、肉体を傷つけて恥をかかせようとします。他の人たちは、肉体を愛しており、肉体を賛美し賞賛しようとします。しかし、肉体があなた自身についてのあなたの概念の中心にある間は、あなたはの救済計画を攻撃しており、の創造物に対して不満を抱いているので、あなたが真理のを聞くことができず、それとして歓迎できなくなっています。その代わりに、あなたが選んだ救済者がの座に着いています。それがあなたの友となり、はあなたの敵となっています。

今日、私たちは救済に対するこれらの無分別な攻撃をやめようとします。私たちは、その代わりに、救済を歓迎しようとします。あなたの逆さまな知覚はあなたのマインドの平安を破壊してきました。あなたは肉体の中に自分自身を見て、自分の外側に真理を見てきましたが、真理はあなたの肉体的な制限によってあなたの自覚から隠されてきました。今、私たちはこれを別の見方で見ようとしています。

真理の光は私たちの中にありますが、それはそこにによって置かれました。肉体が私たちの外側にあるのであり、私たちの関心事ではありません。肉体なしで存在することは、私たちにとって自然な状態で存在することです。真理の光を私たちの中に認識することは、私たち自身をありのままに認識することです。 私たちの自己を肉体から分離したものとして見ることは、の救済計画に対する攻撃を終わらせて、代わりに、それを受け入れることです。そして、の計画が受け入れられたところではどこであっても、救済は既に達成されています。

今日の長めの練習時間のゴールは、の救済計画は私たちの中で既に達成されていることを自覚することです。このゴールを達成するためには、攻撃を受容に入れ替えなければなりません。私たちは、それを攻撃している限り、私たちのためのの計画が何であるか理解することはできません。したがって、私たちは自分たちが認識していないものを攻撃しているのです。今、私たちは価値判断を脇におき、私たちのためのの計画が何であるか聞くことにします。

父よ、救済とは何でしょうか。私にはわかりません。私が理解できるように、私に教えてください。

それから、静かにの答えを待ちます。私たちはの救済計画が何であるかを聞くために待つこともせずに、それを攻撃してきました。私たちは、あまりにも大きな声で不満を叫んできたので、神の声に耳を傾けてきませんでした。私たちは、自分の目を閉じ自分の耳を塞ぐために不満を使ってきました。

今、私たちは見て、聞いて、学ぼうとしています。「よ、救済とは何でしょうか」。 尋ねてください。そうすれば答えが与えられるでしょう。求めてください。そうすれば見出だすでしょう。私たちはもはや、救いが何であり、それがどこにあるかを、自我に尋ねていません。私たちは真理にそれを尋ねています。ですので、私たちが尋ねる相手ゆえに答えは真実であることを確信してください。

あなたの自信が揺らぎ、成功の望みが明滅して消えていくのを感じるときにはいつでも、あなたは、無限なるものを創造した無限なる創造主に尋ねており、はあなたを自身と同じように創造したことを思い出しながら、あなたの質問と要請を繰り返してください

父よ、救いとは何でしょうか。私にはわかりません。私が理解できるように、私に教えてください。

は答えてくれるでしょう。聞くことを決意してください。

今日は1時間に1~2回の短めの練習時間で充分でしょう。なぜなら、これらの練習時間は通常よりも幾分長いからです。これらの実習は次の言葉で始めます。

不満を抱くことは、の救済計画に対する攻撃です。その代わりにそれを受け入れられますように。よ、救済とは何でしょうか。

それから、好ましくは目を閉じた状態で、1分ほど沈黙の中で待って、の答えに耳を傾けてください。

奇跡ちゃんと奇跡のコース

奇跡ちゃんが聖霊さんと歩む奇跡のコース

0コメント

  • 1000 / 1000