レッスン28

私は物事を別の見方で見ることを何よりも望んでいます。


今日、私たちは実際に昨日の概念を具体的に適用します。練習時間では、あなたは一連の明確な決意をしていきます。あなたがその決意を将来守り続けるかどうかは、ここでは問題ではありません。少なくとも今決意をする意志があれば、あなたはそれを守り続ける道を歩み始めたことになります。そして、私たちはまだその歩みの始まりにいます。


あなたは、例えば「私はこのテーブルを別の見方で見ることを何よりも望んでいます」と言うことがなぜ重要なのかと不思議に思うかもしれません。それ自体は、まったく重要ではありません。けれども、それ自体で存在するものとは何なのでしょうか。そして、「それ自体」とは何を意味するのでしょうか。あなたは自分の周囲に多くの分離した物事を見ていますが、これは、実はあなたはまったく真に見ていないことを意味しています。あなたは真に見ているか見ていないかのどちらかです。あなたが一つの物事を別の見方で見たならば、あなたはすべてのものを別の見方で見ることになるでしょう。あなたがそれらのうちのどれか一つに見ることになる光は、それらのすべてに見ることになる光と同じです。


あなたが「私はこのテーブルを別の見方で見ることを何よりも望んでいます」と言うときには、あなたは、テーブルに対する自分の先入観を撤回して、それが本来何であるのか、そして、それが本来何のためにあるのかということに対して、自分のマインドを開くという決意をしているのです。あなたは過去の観点でテーブルを定義していません。あなたはそれが何であるかを告げるのではなく、それが何であるのかと尋ねています。あなたは、その意味を、テーブルについての自分のわずかな体験に縛り付けていませんし、その目的を、自分の小さな個人的な考えに限定することもしていません。


あなたは自分で既に定義しているものについて質問することはないでしょう。今回の実習の目的は、質問をして、答えを受け取ることにあります。「私はこのテーブルを別の見方で見ることを何よりも望んでいます」と言うことで、あなたは真に見ることを自分自身に決意しているのです。それは限定的な決意ではありません。それは、テーブルと同様に他のあらゆるものにも当てはまる決意であり、テーブル以上でも以下でもなく他のあらゆるものに当てはまる決意です。


あなたがテーブルに対する自分の見方をすべて撤回して、マインドを完全に開いた状態でテーブルを見るならば、実際にそのテーブルからヴィジョンを得ることもできます。テーブルにはあなたに見せる何かがあります。それは美しく、穢れがなく、無限の価値がある何か、幸せと希望に満ちた何かです。あなたがテーブルについて抱いているあらゆる考えの下に隠されているのが、その真の目的、すなわち、それが全宇宙と共有する目的です。


したがって、今日の概念を適用するための対象としてテーブルを使いながら、あなたは実は宇宙の目的を見ることを求めているのです。あなたは練習時間に用いるそれぞれの対象について同じ要求をしていることになります。そして、それぞれの対象に対してあなた自身の価値判断をする代わりに、それらの目的があなたに明らかにされるようにと決意をしているのです。


今日は2分間の練習時間を6回取りますが、練習時間では、まず今日の概念を述べて、その後、あなたが自分の周囲に見ているどんなものに対してでも今日の概念を適用します。対象を無作為に選択する必要があるだけではなく、それぞれの対象を等しく真摯に扱って、それらのすべてには、あなたが真に見ることに貢献するものとして等しく価値があることを認めようとする必要があります。


例によって、今日の概念を適用するときには、あなたがたまたま視線を向けた対象の名前を含めます。また、それに視線を留めながら、次の言葉を言います。


私はこの○○を別の見方で見ることを何よりも望んでいます。


毎回、できるだけゆっくりと、心を込めて行ってください。急ぐ必要はありません。

奇跡ちゃんと奇跡のコース

奇跡ちゃんが聖霊さんと歩む奇跡のコース

0コメント

  • 1000 / 1000